デスクワークの方向けの肩や腰のケア方法

皆様こんにちは!

平間駅より徒歩1分にあるPERSONAL TRAINING STUDIO U(スタジオユー)です!
デスクワークをしている方々にとって、長時間の座り仕事は肩や腰に負担をかけることがあります。
そこで本日は、デスクワークをされている方向けによく起こりやすい肩や腰のお悩みに対してに焦点を当て、そのケア方法についてお話しいたします。

デスクワークがもたらす肩と腰への負担

腰痛のイメージ
長時間の座り仕事は、腰椎や仙腸関節に圧力をかけ、腰痛や姿勢の悪化を引き起こす原因となります。
また、姿勢が悪くなることで腰部の筋肉が弱まり、さらなる腰の負担も生じることがあります。
また、デスクワークでは長時間のマウスやキーボードの操作によって肩や首が前方に前屈してしまいがちです。
これにより肩の筋肉が緊張し、肩こりやストレスが生じやすくなります。
肩や腰の問題だけではなく、ずっと同じ姿勢となることで血流の流れが悪くなりやすいためむくみなどの原因となることがあります。

まずは姿勢の改善を心がけよう

姿勢改善
デスクワーク中には正しい姿勢を保つことも肩や腰の負担を軽減するために重要です。
椅子に座ったままや時々立ち上がって背筋を伸ばしたり、肩を後ろに引いて座るよう心がけましょう。
デスクや椅子の高さ、モニターの位置なども調整して、姿勢の悪い状態の改善に繋げていくことができるでしょう。

肩や腰以外に影響することも…

デスクワーク中にずっと同じ姿勢でいると、姿勢が崩れやすくなるため、肋骨の間が狭くなってしまい筋肉が固くなることがあります。
こうなると、どうしても呼吸が浅くなってしまい寝つきが悪くなったり疲れやすくなってしまうことがありますので注意しましょう。

デスクワーク中にできる肩や腰のストレッチ

肩を後ろに引いて胸を開くような動作や、肩甲骨を軽く押し広げるストレッチを行ったり、腰を丸めて前屈したり、腰を左右にひねったりするストレッチをすることも有効です。
ここで紹介したストレッチは、立ったままでも限られたスペースでできますが、座ったままでも行うことができます。

「背中のコリ」の対策をしよう

デスクワーク中は、肩や腰のお悩みを抱えることが多いですが、人によっては背中のコリに悩む方もいらっしゃいます。
これは、デスクワーク中に長時間同じ姿勢になってしまうことや姿勢を維持するために、肩や腰など、特定の筋肉に大きな負荷がかかるために起こるものです。
この「背中のコリ」も座ったままで行うストレッチなどである程度改善することができますので、ぜひ取り入れてみましょう。
本日のテーマはいかがでしたか?
デスクワーク中に起こりがちな肩や腰の問題をケアするために、定期的なストレッチや休憩、姿勢の改善を意識してみましょう。
肩こりや腰痛の軽減だけでなく、全体的な健康を目指すこともできるでしょう。
公式YouTubeチャンネルはこちらから!
https://p-studio-u-hirama.com/

よろしければこちらもフォローお願いします^^

執筆者:murata
プロトレーナーがあなたのお悩みを解決します!
プロトレーナーがあなたのお悩みを解決します!