有酸素運動中の低血糖の原因と対策

皆様こんにちは!

平間駅より徒歩1分にあるPERSONAL TRAINING STUDIO U(スタジオユー)です!
ある程度の運動習慣を身に付けている方の中で、有酸素運動として長い距離のランニングを取り入れていると言う方も珍しくないかと思います。
特に健康づくりのために、毎日マラソンをしていると言う方もいらっしゃる位ですが、実は運動習慣がある程度身に付いていて、体が運動に慣れていると言う形であっても、ランニング中に体調が悪くなってしまうと言う方も多くいらっしゃいます。
そこで本日は有酸素運動やランニング中などにおける体調不良や対策についてお話をしていきます。

ランニング中の低血糖に要注意

注意
有酸素運動、特にランニングを取り入れている方の場合には、長い距離を走ることによって、エネルギー消費や低血糖が起こることが見受けられます。
この低血糖が起きると思考が鈍ったり、寒気を感じることがあるほか、手足に力が入らなくなるなど、最悪そのまま意識を失ってしまうこともあるため、非常に危険です。
このような低血糖などを防ぐために、ランニングの前には、しっかりとエネルギーを摂取するほか、性病飲料水などを摂取することで糖分などをしっかり補給しておきましょう。
また、暑い時期のランニングに関しては脱水症状などにも警戒が必要になります。

軽い有酸素運動でも低血糖になる事はある

ランニングやウォーキングなどの有酸素運動をする際に、必要なエネルギーは血液中にある糖分が全身を巡ることで生成されるため、血液中の糖分が不足した場合には、脂肪を分解してエネルギーを作ることがあります。
しかし、脂肪がエネルギーとして使われるには少々時間がかかるため、この間に血液中の糖分が極端に少ない状態となると、低血糖の症状が現れます。
そのため、極端に空腹な状態などで有酸素運動を行うと、軽い有酸素運動であっても低血糖になる可能性はありますので注意するようにしましょう。

基本的に空腹状態での有酸素運動はNG

低血糖を防ぐために、1番有効な対策法は空腹な状態で運動しないことです。
しかしながら、運動を始める直前にお腹いっぱい食べると、消化不良を起こす可能性もあるため、オススメはできません(状況によっては激しい腹痛に苦しむことにもなります…)

運動中の低血糖には吸収の早い糖分がオススメ

運動中に低血糖の症状が出てしまった場合には、運動をすぐに中止し、休息をとる必要があります。
そしてなるべく早く血糖値を上げるために、飴や氷砂糖などから糖質を摂取すると良いのですが、外などで運動されている場合には、自動販売機などで糖分が含まれるドリンクを購入し飲むのがオススメです。
特に吐き気がある場合には、その日のトレーニングは中止するか、症状が完全に収まってから運動を再開するようにしましょう。

日頃から栄養補給の工夫をしよう

野菜②
最後になりますが、運動中に低血糖を起こしたり、エネルギー切れによる体調不良を防止するためには、栄養バランスを考えた栄養補給が非常に大切になります。
できるだけ運動前には、炭水化物を増やした食事をとることが大切になるため、パンやおにぎりなどで糖質をしっかりと補給することがお勧めですが、運動内容や食の好みに応じて工夫をしていくようにしましょう。
本日のテーマはいかがでしたか?
有酸素運動でも、筋トレでも低血糖の症状である倦怠感や脱力感などを感じたら、無理をせず、休息を取るようにし、症状が強い場合には無理することなく、医師の診察を受けるなど、しっかりと対策を取るようにしましょう。
公式YouTubeチャンネルはこちらから!
https://p-studio-u-hirama.com/

よろしければこちらもフォローお願いします^^

執筆者:murata
プロトレーナーがあなたのお悩みを解決します!
プロトレーナーがあなたのお悩みを解決します!